「やりたいこと」を見つける方法

Pocket

この記事を開いてくださった方は、おそらく「やりたいことがない」と悩んでいる方が多いんじゃないかと思う。

その方に向け、個人的に考えていることを書いてみたい。

やりたいことが見つからないのはなぜか

そもそも、「やりたいことが見つかっている」というのは、

非常に主観的な感覚である。

簡単に言えば、自分が「見つかっている」と思えば既に見つかっているのだ。

つまり、「やりたいことが見つからない」と思ってしまっているのは、

その時点でそう自分が思い込んでしまっているからにすぎない。

どうしたらやりたいことは見つかるのか

では、「やりたいことが見つからない」と思ってしまうのはなぜか?

答えを先に言ってしまうと、「自分の幸福状態を定義できていないから」ということになる。

合理的に考えると、「やりたい」という感情が生まれるのは、

「その行動を選択したときに自分にとってポジティブな影響がある」

と考えたからに他ならない。

仮にその判断が意識的であれ、無意識的であれ。

その影響が短期的な影響であれ、長期的な影響であれ。

先ほど「やりたいと思うのは主観的な思い込みにすぎない」と書いたが、

「やりたいことが見つからない」と思っている状態は、上記の「その行動を選択したときに自分にとってポジティブな影響がある」ということを確信できていないからだと言える。つまり、思い込むくらいに信じ切れていないのだ。

まとめ

ここまで読んでいただければもうわかっていただけたかと思うが、

「やりたいこと」を見つけるためには、

「自分はこれがやりたいのだ」と思い込む必要があり、

そのためには、「自分の幸福状態を定義すること」がスタートになる。

Pocket